楽天広告について

楽天CPC広告が終了!新CPC(RPP広告)との違いと対策を徹底解説

こちらのブログでも幾度となく解説してきた楽天CPC広告。楽天の中でもコンバージョンが良いと評判でしたが、今年に入って突然の終了告知が掲載されました。

楽天CPC広告が2018年6月末を以て終了(廃止)

現在の楽天CPC広告は、2018年6月30日(土)をもってサービス終了となります。

2018年4月1日(日)よりサービス開始となる、 新CPC広告(楽天プロモーションプラットフォーム)をご利用いただきますようお願いいたします。

現在RMSのプロモーションメニュー内にはこのような告知が出されています。

既に4月1日から新CPC(RPP広告)が使用可能との事で、4月以降は徐々にCPCの露出度を下げ、RPPを上げるとの告知もございます。では、新CPCこと「PRR広告」とはどのような物なのでしょうか。

楽天の新CPC広告、RPP(楽天プロモーションプラットフォーム)とは?

今までのCPCとはどの点が異なり、何が出来て何が出来ないのか、もっとも気になる部分だと思います。

新CPC広告(RPP広告)の仕組み

今までは楽天にキーワードをお任せして配信するタイプと、商品ごとにキーワードを店舗様側で設定することが可能でしたが、新CPCでは従来の楽天おかませのみとなります。更に除外キーワード等が設定出来なくなるため、楽天によってユーザーに対し推奨された場合はいかなるキーワードでも商品が露出する事になります。

簡単に言うと、


キーワード単価等より細かい設定が可能だったCPC広告に対し、設定が簡易化されクリック単価のデフォルト設定が低くなったというイメージです。

更に、従来の物はキーワードが軸だったのに対し、商品が軸となった仕様に変更されています。


 

詳しく見ていきましょう。

キャンペーン登録

継続月予算/当月限定予算

今までは毎月掛けたい最低額の広告予算と当月に限って使いたい予算の設定の使い分けが出来ましたが、RPP広告は当月限定の設定が廃止になり、毎月最低いくらかけるか、という設定のみ可能となっております。

配信先

従来のものではPCに配信するか、スマホに配信するか、デバイスを選べ、更にデバイス毎にキーワードの設定を行う事が可能でしたが、新CPC(RPP)では出稿するデバイスの選択は不可能となっております。

単価

従来はデフォルトのでのクリック単価が一律50円~(デバイスに寄って異なる)となっておりましたが、新CPCはデバイス、キーワード問わずに25円~となります。

キャンペーン

今まではキャンペーンは何個も作れましたが、今後は複数キャンペーン登録が出来ない仕様となります。

広告グループ登録

個別商品登録/全商品登録

今までは商品を選び広告のグループを設定することが出来ましたが、新CPC(RPP)広告では商品を選んでのグループ設定は不可能となっております。

【重要】キーワード設定

最もと仕様が異なるのはこのキーワード設定です。従来のCPC広告はキーワード毎に価格を設定したり、逆にキーワードを除外することが可能でしたが、新CPC広告ではキーワードについては店舗様側から設定する事が一切不可能となっております。この対策につきましては下記にて記載させて頂きます。

除外商品設定

今までは商品を選んで、出稿する内容でしたが、今回は配信すると強制的に全商品が対象となります。そのため100商品まで除外の設定が可能となっております。

レポート

キーワード軸がなくなったので、クリックレポートがなくなりパフォーマンスレポートのみ見ることが可能です。ただし、CPC広告では有料だったのに対して、無料でダウンロード出来るようになっております。

新CPC広告(RPP広告)への対策・活用方法

仕様変更に伴って最も困惑するのが

  • キーワードに対して、価格等の細かい設定が不可能になった
  • 全商品を強制的に出稿されてしまう

上記の2点です。特に広告を強めていきたい商品に対して一律で25円となってしまうと、どのようにして競合と戦っていけばいいのでしょうか。

商品毎の設定で対策

今回の新CPC広告は完全に軸が商品になっています。今までのように商品ごとにキーワード設定は出来ないのですが、商品に対してのクリック単価を設定する事が可能です。

特に広告を掛けたい商品に関しては商品設定を行う事で露出度の対策が出来ます。

今までビッグワードを高額で入札していた店舗様にとっては安価でビッグワードからのクリックをとれる可能性が高まると同時、商品に対して一括で設定を行うため、関連性の引いキーワードまで高いキーワードでクリックがされてしまう可能性もあり、現段階では一長一短といった印象です。

商品の設定は下記の「商品設定」より可能ですので、是非試してみて下さい。

また、広告を掛けたくない商品がある場合は、上記図の黄色枠右部の「除外商品」より設定が可能です。

まとめ

キーワード軸のCPC広告から、商品軸のRPP広告への変化は店舗様にとっても大きな出来事だと思います。しかし、2か月後の6月末にはCPCが廃止されてしまうので、今のうちに新CPC広告(RPP広告)で効率よくアクセスを集める方向にシフトすることが強いられているのが現状です。

弊社ではこれからもRPP広告について、有効な対策方法等を記載させて参りますので是非ご参考下さいませ。

また、初めてのサービスで不安という店舗様へのサポートも承っております。ご相談・ご質問は無料でお受けしておりますので、どんな些細な事でもお問い合わせ頂けましたら幸いです。

お問い合わせ

貴社名

メールアドレス(必須)

電話番号

店舗URL

プランのご検討をお聞かせ下さい

関連記事

  1. 楽天広告について

    RPP広告が早くも改定検討?キーワード設定や除外商品に改良がされると噂

    弊社でもRPP広告を運用しており、前回のレポート公開でも非常に好感触と…

  2. 売上アップ

    楽天CPC広告の活用方法と売上アップへの具体的な運用方法

    CPC広告とは=Cost par Click クリック保証型の広告にな…

  3. 楽天広告について

    楽天の広告は効果測定が出来ない?自社で効果を測る方法を解説

    楽天で広告を出稿された経験のある方なら「楽天の広告の効果が分らないのは…

  4. 売上アップ

    楽天での広告の効果を最大に伸ばすためにすべき5つのこと

    「楽天で広告をうってみたけど、いまいち効果が出ない。」「費用効…

  5. 売上アップ

    新CPC広告、RPP広告(楽天プロモーションプラットフォーム)の効果レポートを公開

    前回の記事に記載させて頂いたRPP広告。4月より徐々に露出量を上げてい…

  6. 売上アップ

    楽天広告のクリック率を劇的に上げる裏ワザ

    費用を使って広告を出すなら、アクセス人数が伸びなければ意味がありません…

お問い合わせ

 お問い合わせはコチラから

平日17時までのお問い合わせは当日中に、17時以降のお問い合わせは翌営業にご対応させて頂きます。

 03-6279-2802

よく読まれている記事

  1. 「売上を伸ばしたい!」楽天に出店している店舗様は皆様が思っている事です。 今回は効率よく売上を伸ばすための技として「楽天ランキング」を活用する方法をご紹介致します。 楽天ランキングに貴社の商品が掲載されれば泊が付き、アクセスアップ、売上もアップが見込める可能性大です。

最近の記事

  1. 「売上を伸ばしたい!」楽天に出店している店舗様は皆様が思っている事です。 今回は効率よく売上を伸ばすための技として「楽天ランキング」を活用する方法をご紹介致します。 楽天ランキングに貴社の商品が掲載されれば泊が付き、アクセスアップ、売上もアップが見込める可能性大です。
  1. 売上アップ

    売上アップの近道!楽天の競合分析の方法を徹底解説
  2. 売上アップ

    楽天のメルマガ1本で100万以上売る!売れるメルマガの作り方と運用方法
  3. 売上アップ

    【全3回】元ECCが教える楽天スーパーセールで売上を劇的に伸ばす5つの方法【1回…
  4. 楽天広告について

    楽天の広告は効果測定が出来ない?自社で効果を測る方法を解説
  5. 売上アップ

    広告を使わず楽天キャンペーン時の売上を20%以上上げる方法
PAGE TOP